土日も診療している東京墨田区八広の歯医者さん

〒131-0041 東京都墨田区八広1-22-6-101
京成曳舟駅より徒歩2分、東武曳舟駅より徒歩8分、バス停「明治通り」目の前

診療時間
9:30~19:00 ×

△:9:30~13:00  休診日:祝日(年末年始、夏季休暇除く)
             矯正診療日/第1木曜日・第3日曜日

ご予約・お問合せはこちらへ

03-6657-2512

マウスピース型矯正装置による治療

東京医科歯科大学から歯科医師を招へい

矯正担当医 内川 雄太
東京医科歯科大学 矯正科在籍

当院では東京医科歯科大学矯正科の歯科医師を招へいし、表側のワイヤー矯正治療、目立たない舌側矯正治療に加え、マウスピース型矯正装置「インビザライン」による治療を行っております。

マウスピース型矯正装置を使った治療は矯正専門の医院以外での取り扱いが多く、「どこの歯医者でも治療できる」といったイメージを持たれている方が少なくありません。しかし実際には、治療を計画する歯科医師の知識や技術により、終了後の仕上がりに大きな差が出やすい治療です。

そもそもこの治療は、キレイに歯が動くように設計されたマウスピース型の矯正装置をはめるからこそ、スムーズに進んでいく仕組みです。「どの順番で、どのように歯を動かすか」など、緻密なプランニングの上で成り立っています。

このプランニングにあたっては、歯科医師が1本1本の歯の位置関係や、あごの骨の状態を熟知していなければなりません。適切なプランニングができていない状態で治療をしてもきちんと歯が動かず、治療期間が延びてしまったり、キレイな歯並びに仕上がらなかったりするケースもあるのです。

その点当院では、東京医科歯科大学矯正科に在籍する歯科医師が治療を担当いたしますので、安心してお任せいただけるのではないでしょうか。

笑顔に自信が持てる治療を

マウスピース型矯正装置を用いて行う当院の矯正治療の魅力は、お口だけでなく精神的・身体的な健康までを考慮している点です。

キレイな歯並びを手に入れると、笑顔に自信が持てるようになって、精神的にも良い影響を及ぼします。皆さまの笑顔がよりいっそう輝く歯並びを目指し、精一杯お手伝いいたします。

気軽に始められる、装置の目立たない矯正

矯正治療と聞くと多くの方は、歯の表面に金属の矯正装置やワイヤーを付ける治療法をイメージされるかもしれません。それゆえ「歯並びをキレイにしたいけれど、口元の目立つ装置が嫌だ…」と、矯正治療をためらわれる方もいらっしゃるでしょう。

私どもが採用する、透明なマウスピース型矯正装置「インビザライン」を使った治療なら、そうしたお悩みを解決できるかもしれません。なぜなら金属のワイヤーを用いる従来の矯正治療に比べて装置が目立ちませんので、見た目を気にせず歯並びを改善できるからです。

装置の取り外しが可能

金属の装置やワイヤーを使った矯正治療では、取り外せない装置を歯に装着する必要があります。そのため食事をとりにくかったり、歯磨きしづらかったりと、患者さまが不便に感じる場面も少なくありませんでした。

特に歯磨きは、装置を付けていない時に比べて磨き残しが増えやすくなります。その結果、虫歯や歯周病のリスクが高まるというデメリットにつながっていたのです。

それに対しマウスピース型矯正装置を用いた治療なら、患者さまご自身で装置を自由に取り外せます。ですから、今までと同じようにお食事を楽しめる上に、すみずみまでしっかりと歯磨きができて虫歯などのリスクを低減することが可能です。大切なイベントやスポーツをする際なども、マウスピースが気になりそうな場面では外していただけますので、ふだん通り集中できます。

装置が目立つことがネックになっていた方でも、マウスピース型矯正装置を用いる方法であれば、気軽に矯正治療を始めていただけるのではないでしょうか。

ワイヤー矯正と組み合わせた治療も実施

マウスピース型矯正装置による治療は、手軽な上に多くのメリットを持ちますが、歯並びの状況によっては適さない方もいらっしゃいます。

そのような場合でも当院なら、最初にワイヤーを使った矯正法で歯を少し動かし、途中からマウスピース型矯正装置による治療に移行することが可能です。

この方法なら、歯並びがキレイに整うまでワイヤーを装着し続ける必要がありません。そのため、ワイヤーを使った矯正に比べて「痛みが少ない」「装置が目立たない」という特徴を持つマウスピース型矯正装置による治療を受けていただけるのです。

当院がこの治療法をご提供できる理由は、治療を担当する歯科医師がマウスピース型矯正装置による治療だけでなく、ワイヤーを用いる矯正法にも精通しているためです。

治療中にホワイトニングも可能

マウスピース型矯正装置による治療で用いるマウスピースは、ホワイトニングにも利用が可能です。マウスピースにホワイトニングの薬剤を入れて歯に装着すれば、ご自宅でのホワイトニング「ホームホワイトニング」が行えます。

装置を取り外せない従来の矯正治療では歯の表面に付けた装置が邪魔になり、矯正とホワイトニングの両立はできませんでした。しかしマウスピース型矯正装置による治療なら、歯並びを改善しながらホワイトニングで白く美しい歯を目指せます。

月々5万円の分割払いに対応

前述の通り私どもでは、マウスピース型矯正装置「インビザライン」を使った矯正治療をおすすめしております。装置が目立たず取り外し可能であり、装置を外せないワイヤー矯正に比べて手軽に始めやすいのが特徴です。

しかし、矯正治療は健康保険が使えず自費治療となりますので、どうしても治療費が高額になりがちです。それが原因となり、矯正治療を我慢される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで当院では、矯正治療を検討されている方のご負担を少しでも減らせるよう、医院独自の分割払い制度を導入いたしました。マウスピース型矯正装置「インビザライン」を使った治療であれば、月々5万円(税別)の定額分割にてお支払いが可能です。

矯正治療を扱う歯科医院の中には、デンタルローンを取り入れられているところも少なくありません。確かに、デンタルローンは月々の支払い額が安く済み魅力的に感じますが、一方で利息が発生し余計な費用を支払うことにもなります。

私どもの場合、分割払い制度を独自に設定していますので、利息は発生しません。治療費のみの分割となるため、お支払いにムダが生じないのです。「矯正治療は高いから」とあきらめられていた方も、分割払いが可能な当院にご相談ください。

※インビザライン(海外カスタムメイド矯正装置完成物)は、日本の薬機法対象外です。医薬品副作用被害救済制度の対象にならないことがあります。

よくあるご質問

ここではよくあるご質問をご紹介します。

インビザラインはほかの矯正とどう違うの?

ほかの矯正装置と大きく違うのは、「目立ちにくい」「取り外しができる」マウスピースによる矯正治療だという点です。

インビザラインの料金は?支払い方法は?

インビザライン治療は基本施術料として90万円になります。

精密検査の際に頭金として20万円をお支払いいただき、残金に関しては手数料なしで分割払いが可能です。別途、検査診断料、保定装置料金、調整料がかかりますので、詳細は無料矯正相談の際にお尋ねください。

どんな症例でもインビザラインで治すことができるの?

残念ながら全ての症例がインビザラインで治療可能な訳ではありません。

無料矯正相談の際に、インビザラインの適用か否か、インビザラインが難しい場合は歯の裏側に装置を付ける舌側矯正など、その他の治療の選択肢についてご説明をさせていただきます。

インビザラインで治療ができるかどうかを知りたい方は、まずは無料矯正相談にお越しください。

インビザラインのマウスピースはいつつければいいの?

ご飯と歯磨き以外の時間、1日最低20時間以上のご使用をお願いしております。

使用時間が短くなるとマウスピースがはまらなくなったり、治療が長期化する原因になりますのでご協力をお願いいたします。

インビザラインの治療ではマウスピース以外の装置は使わないの?

メインはマウスピースをご使用いただきますが、治療の途中で顎間ゴムと呼ばれる上下のかみ合わせを良くするためのゴムかけをお願いするステージが出てきます。また、治療の途中でマウスピースではどうしても動かすことが難しいと判断された場合には、ワイヤーを使用させていただく可能性もございます。

インビザラインの治療に年齢制限はあるの?

インビザラインは混合歯列期(乳歯と永久歯が混在している生え変わりの時期)から治療可能とされておりますが、当院では永久歯列完成後の患者様に推奨をさせていただいております。理由としては①小さなお子様が20時間以上装置を使用することは困難だということ②混合歯列期は虫歯ができるリスクが高いため、マウスピースの使用によりそれを助長してしまう可能性があるということ③生え変わり直後の永久歯にマウスピースで持続的な力をかけてしまうと、歯根の形成が止まってしまう可能性があること、などが挙げられます。

インビザラインの治療はどのくらいの期間がかかるの?

インビザラインは10日~2週間に1回、マウスピースを取り換えて治療が進んでいきます。トータルのマウスピースの枚数は症例によって大きく異なります。現在の歯並びによって治療期間も大きく変わりますので、目安の治療期間を知りたいという方は一度無料矯正相談にお越しください。

インビザラインの治療に痛みは伴うの?

ワイヤーによる矯正治療も、インビザラインによる治療も、歯が動くときに多少の痛みがでることがあります。ズキズキとした自発痛ではなく、咬んだ時に痛いというような歯が敏感になるような痛みです。インビザラインの場合、新しいマウスピースを使用し始めた数日間痛みを感じる方がいらっしゃいます。

ワイヤーの治療の途中でインビザラインに変更することはできるの?

当院でワイヤー矯正中の患者様であれば、可能です。成人式や結婚式など、大きなイベントの前に歯の表につけるワイヤーの装置から、目立たないインビザラインの治療に移行する方もいらっしゃいます。その場合は、ワイヤー矯正治療とインビザライン治療の差額分のお支払いのみで変更が可能です。

他にもインビザラインについて分からないこと、聞きたいことがある場合はどうしたら良い?

是非、無料の矯正相談にお越しください。インビザラインはもちろん、ワイヤー矯正治療や他の矯正治療の選択肢について、メリットデメリットを詳しくご説明させていただきます。

矯正歯科の流れ

ご相談

歯並びや噛み合わせについて、気になることを何でもご相談ください。

マウスピース矯正の適用かでどうか、その他の治療の選択肢について、各治療のメリットとデメリット、費用や費用についてご説明をさせていただきます。

小児から成人まで矯正のご相談は無料です。

精密検査

レントゲン撮影、歯型の採取、噛み合わせの確認など、診断のための検査を行います。

またインビザライン作成のための精密な型取り、口腔内写真、顔貌写真撮影も同時に行います。

治療計画の説明

診断書をご用意し、検査結果のご説明、最適な治療計画をご案内します。

治療・通院

治療計画にご納得いただけましたら、治療を開始します。インビザライン治療の通院は1か月に1度です。

(精密検査終了後マウスピース完成まで1か月~1か月半お時間をいただきます。)

治療後の観察

歯並びが整ったら、一定期間は保定装置(リテーナー)をつけていただきながら、元の歯並びに後戻りするのを防ぎます。